保育園のご案内

地域に愛されて半世紀

地域に愛されて半世紀

昭和40年(1965年)の開園から半世紀以上、園舎の形を変えながらこの地で子育て支援を担ってきました。保護者の方、職員の中には卒園生も多く、地域に根付き愛されている保育園です。

育てて食べる喜びを

屋上の畑で、年間を通していろいろな野菜を育てています。 5歳児が野菜くずとぬかを混ぜて「土づくり」を行い、職員が作った畝に子どもたちが種や苗を植えて育てます。水やりや草取りなどをしながら生長を観察し、収穫したものを給食室で調理してもらって食べます。育てる喜び、収穫の喜び、そして食べる喜びを十分に味合わせたいと思います。

ここだけの楽しみを

フォトギャラリー

保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内
保育園のご案内

基本情報

名称 つぼみ保育園
所在地 〒813-0044 
福岡市東区千早1-18-24
経営主体 社会福祉法人 輔仁会(ほじんかい)
電話 092-681-4782
Email c-tsubomi@tos.bbiq.jp
保育理念 子どもたちに最善の喜びと幸せを 子育てに夢と力を
基本方針 子どもたちがつねに健康、安全で情緒の安定した生 活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら 活動できるよう配慮して、心身の健全で調和のとれた 発達を図リ、豊かな人間性を培います。 また、地域社会における子育て支援のため家庭養育 に関する相談・助言・体験・広報などを通じ社会的役割を果たします。
施設の概要 鉄筋コンクリート2階建て 
延床面積:1483m2 
園庭面積:405.14m2
定員 280名
(うち本園250名、分園30名)
開園時間 7:00〜20:00
(うち18:00~20:00は延長保育時間)
対象年齢 生後4か月〜未就学児
開所日 月曜日〜土曜日
(祝祭日・12月29日〜1月3日は除く)
職員構成 園長1名 
主任保育士2名 
保育士35名 (パート含む) 
栄養士2名 
調理員4名 
事務員1名 
用務員2名

園舎マップ

園舎マップ

アクセス

住所:福岡県福岡市東区千早1-18-24

交通機関のご案内

■JR鹿児島本線
千早駅徒歩15分 (博多駅から千早駅まで 約10分)
■西鉄貝塚線
千早駅徒歩15分
■西鉄バス
千早バス停徒歩10分
西汐見バス停徒歩3分
城浜団地バス停徒歩5分

自転車でお越しの方

正面玄関横の駐輪場をご利用ください

お車でお越しの方

下記契約駐車場をご利用ください。
生田駐車場 18台
グリーンパーキング 7台
※7:00~9:30および16:00~18:00は送迎時間帯のため大変混雑しますのでご注意ください。

交通機関、駐車場情報

サービス内容・ご利用方法

利用可能な保育サービス

通常保育

対象年齢

生後3ケ月過ぎから就学前6歳までの子ども達をお預かり致します。

年度はじまり(4月1日から)の入園について

入園に必要な書類を11月頃に当園か東区保健福祉センター・子育て支援課へ提出し、保育の必要性の事由が適格であれば福祉事務所長が支給認定を決定し入園できます。

年度途中の入園について

入園に必要な書類を東区保健福祉センター・子育て支援課へ提出し、保育の必要性の事由が適格であれば福祉事務所長が支給認定を決定し、定員に空きが出た時点で随時入園できます。

保育時間について

保育標準時間認定 7:00~18:00(11時間)
保育短時間認定  8:30~16:30( 9時間)

延長保育

月極の延長保育利用について

保育時間内にお迎えができない場合は延長保育利用申込書を園に提出し、必要性が適格であれば2時間まで延長してお預かりします。

緊急延長保育(のびのびクラブ)の利用について

月極の延長保育利用申請をしていない方でも緊急止むを得ない事情で保育時間内にお迎えができない場合にご利用いただけます。2時間まで延長してお預かりします。

一時保育

保護者の方のお仕事やリフレッシュ、ご家族の病気治療や入院、お子さんの発達過程で集団保育を必要とする等の理由により一時的にお子さんをお預かりします。

対象

福岡市にお住まいで、生後6ヵ月過ぎから就学前までの児童

種類
  • 毎週3日以内の利用(非定型的保育サービス事業)
  • 連続した2週間以内の短期間の利用(緊急保育サービス事業)
  • 私的理由による単日でのご利用(週に3日を限度)

利用料等

保育料について

3,4,5歳児は無料です。0,1,2歳児は保護者の収入等に応じて福岡市が決定した保育料を市へ納めます。 詳しくは東区保健福祉センター・子育て支援課 (092-645-1068) へおたずね下さい。

毎月ご請求するもの

給食費(3.4.5歳児) 5,900円
(保育料減免・軽減措置に従い減免有り)
父母の会費(本園のみ) 600円
月極延長保育利用料(希望者) 1時間利用:3,200円
2時間利用:6,300円
寝具レンタル料(希望者) 初回手数料:3,000円
6~9月:950円
10~5月:1,150円
オムツ処分料(0,1歳児) 150円
月刊絵本購入代金 6ヶ月~3歳児:440円(1冊)
4歳児・5歳児:880円(2冊)
緊急延長保育料 1時間利用:600円(おやつ提供)/1回
2時間利用:1,200円(おやつもしくは夕食提供)/1回

随時ご請求するもの

入園時にかかる費用 連絡帳・名札・衣類カゴ・個人教材代・カバン代・体操服代など
遠足等にかかる費用(3.4.5歳児) バス運賃、施設利用料等
保護者給食費 親子保育・一日保育士参加者

一時保育料等

区分 一般世帯 前年分所得税
非課税世帯
生活保護
受給世帯
給食費
4時間以内 4時間を超える
3歳未満児 1,100円 2,200円 200円 無料 300円
3歳以上児 600円 1,200円 100円 無料

園見学のご案内

園の見学・入園相談・育児相談のご予約を随時お受けしています。お気軽にご連絡ください。

電話:092-681-4782

e-mail:c-tsubomi@tos.bbiq.jp


現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、園の見学は下記の通り内容を制限して行っています。
見学をご希望の方へ


沿革

昭和40年 3月31日 厚生大臣より社会福祉法人設立許可を受ける-大浦仁子理事長就任
昭和40年 4月1日 児童福祉施設設置認可を受け定員100名にて開園-大浦仁子園長就任
昭和44年 10月25日 第5回幼児体育祭初出場(幼児教育研究協議会-昭和60年まで出場)
昭和45年 4月1日 福岡市の要望により定員を150名に増員し増築
昭和45年 7月14日 九州地区保育事業研究大会にて研究発表
昭和46年 2月3日 第6回幼児音楽祭初出場(幼児教育研究協議会-昭和59年まで出場)
昭和46年 11月5日 リトミック西日本研究発表会にて公開保育
昭和49年 6月30日 全日本リトミック音楽教育研究会にて発表
昭和51年 5月1日 山口伸子 園長就任
昭和52年 1月26日 第1回たんぽぽ音楽研究発表会に参加(平成18年まで参加)
昭和55年 11月21日 全日本音楽教育研究会、九州音楽教育研究会にて研究発表
昭和57年 8月17日 福岡県幼児放送視聴覚教育研修会にて研究発表
昭和57年 11月5日 九州地区保育所公開保育実践研修会にてリトミック公開保育
昭和58年 4月1日 大浦純平 園長就任
昭和59年 6月1日 木造園舎 老朽改築対象となり全面改築
昭和59年 6月7日 熊本県立保育大学校 リトミック参観に来園(51名)
昭和59年 5月1日 近隣宅地を借用し菜園活動を開始
昭和59年 9月14日 校区内独居高齢者を敬老会にご招待
昭和60年 4月1日 福岡市の要望により定員を160名に増員
昭和60年 4月1日 影絵への取り組みを始める(現在に至る)
昭和61年 5月29日 佐賀西部地区公立保育園協議会 園長16名視察来園
昭和62年 6月1日 高取焼き講師を招聘し陶芸活動を開始
昭和62年 10月31日 第1回福岡市保育研究大会のフォーラムにて意見発表-大浦園長
平成1年 4月1日 3・4歳児縦割り保育を開始
平成1年 10月1日 つぼみ太鼓初演(以後毎年手を加えながら現在に至る)
平成1年 10月20日 児童福祉施設給食関係西日本ブロック大会にて給食研究発表
平成2年 4月1日 延長保育 市の指定を受け事業開始
平成2年 10月1日 共同募金会より助成を受け屋上運動場完成
平成2年 10月27日 第4回福岡市保育研究会大会にて保護者代表とし片山恭一氏意見発表
平成3年 11月20日 大浦仁子理事長 勲六等瑞宝章を受章
平成4年 4月1日 3・4・5歳児の縦割り保育に移行
平成4年 9月1日 大規模修繕補助事業 内部全面改装
平成5年 4月1日 一時的保育 市の指定を受け事業開始
平成5年 4月3日 保護者の協力により園庭にトンネル山築造
平成5年 7月22日 中国遼寧師範大学訪日団保育所視察のため来園(副学長以下4名)
平成5年 10月9日 第32回全国保母養成セミナー(西南大学)にて大浦純平園長シンポジウム提案
平成6年 4月1日 3歳以上児完全給食に移行 陶製食器を採用
平成6年 7月31日 創立30周年記念チャリティ影絵公演会開催(電気ホール/2,300名来場)
平成7年 1月14日 創立30周年記念祝賀会(主催:同記念事業実行委員会)
平成7年 1月15日 第8回福岡市保育研究大会にて保母代表として意見発表
平成7年 4月1日 おふとんクラブ開始(お昼寝用のお布団を園で一括管理するシステム)
平成7年 11月22日 公開保育(福岡市保母会主催に於て当園の全クラスを公開)
平成7年 11月25日 つぼみ影絵劇場初公演(年1回開催し現在に至る)
平成8年 2月14日 福岡県保育所職員総合研修大会にて「影絵に取り組んで」と題して発表
平成8年 4月1日 緊急延長保育実施(自主事業)
平成8年 6月20日 全国私立保育園研究大会にて「影絵に取り組んで」と題して発表
平成9年 4月1日 制服のデザイン変わる
平成9年 9月1日 つぼみホームページ開設
平成9年 9月1日 つぼみ年報増刊号を発行
平成9年 9月3日 福岡県保母研修会にて「一時保育事業に取り組んで」と題して発表
平成10年 4月1日 開園時間が7:00に変更となる
平成11年 2月11日 福岡市保育研究大会にて大浦純平園長シンポジウム提案
平成11年 4月1日 定員を200名に増員する
平成11年 5月1日 園舎、遊具全面塗り替え工事。事務室増築工事
平成12年 6月1日 トンネル山を「おやじ山」に改名
平成13年 8月1日 正門新設、送迎用駐車場整備
平成14年 4月1日 定員を220名に増員する/学童保育「たんぽぽクラブ」開設
平成15年 4月1日 法人名称を輔仁会と改名、さわらび保育園を吸収統合し、2施設の複数経営法人となる
平成16年 2月3日 園庭に築山完成「どんぐり山」
平成16年 12月18日 1階の外廊下を全面板張り工事/給食室を拡張工事/ホールの倉庫を拡張工事
平成17年 1月30日 創立40周年記念祝賀会(主催:同記念事業実行委員会)
平成18年 10月16日 児童福祉施設福祉サービス第三者評価機関(HYK)にて第三者評価を受審
平成19年 12月2日 第1回 三園合同音楽発表会を開催
平成22年 1月4日 分園第2つぼみ保育園を開設(0歳~2歳/定員30名)
平成22年 4月1日 大浦純平 法人統括園長就任 / 大久保雅子 園長就任
平成23年 4月1日 増改築を実施、定員250名となる
平成24年 12月9日 合同「音楽発表会」の名称を「音楽祭」と変更
平成27年 1月11日 創立50周年記念祝賀会開催(場所:福岡国際会議場/主催:同記念事業実行委員)
平成29年 4月1日 大久保雅子 園長退任 / 小島千枝 園長就任
令和1年 9月7日 旧園舎内部改修工事 / 全保育室が床暖房となる

保護者専用ページ

(パスワードが必要です)